成虫(本州産) 成虫(伊豆諸島産)
成虫(本州産) 成虫(本州産) 成虫(本州産) 成虫(伊豆諸島産)
成虫(本州産) 若齢幼虫 中齢幼虫
中齢幼虫 終齢幼虫 終齢幼虫
寄生された蛹 蛹殻 食樹:シロダモ 食樹:クスノキ
食樹:ヤブニッケイ 生息地(本州産) 生息地(伊豆諸島産) 生息地(伊豆諸島産)
アオスジアゲハ
Graphium sarpedon (Linnaeus)
キャッチフレーズ
照葉樹林のアスリート
分布 本州,四国,九州,南西諸島
年間の発生回数 多化
食草等 クスノキ・シロダモなどのクスノキ科
成虫の発生時期 4-9月
越冬態
科学園チョウ一覧へ
戻る
解 説
高い梢を滑るように素早く飛び,そのような時は網で捕まえることも難しい。しかし,湿った地面に吸水に降りたり,花に集まったりすることも多いので,撮影や採集のチャンスは粘り強く待っていれば訪れる。食樹は暖帯林に多いが,クスノキは公園や街路などに植えられることもよくあるため,アオスジアゲハは都市部でも馴染みが深いチョウだ。海水浴をしている砂浜の波打ち際にいることもある。幼虫は,一般的なアゲハ類とは形態が異なり,前半部が太い頭でっかちのスタイル。夏に新芽が出ているクスノキを丁寧に探せば,幼虫を見つけることは難しくない。蛹を背中側から見ると,3本の筋があるように見える。クスノキの葉にも3本の葉脈があり,蛹が葉裏で目立たないようになっているらしい。伊豆諸島産は青色帯の幅が広く,かつては別亜種とされたこともある。科学園記録種。
検索表へ