検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
ジャコウアゲハ
Byasa alcinous (Klug)
成虫
成虫 交尾
幼虫
幼虫 幼虫脱皮
前蛹
食草:ウマノスズクサ 食草:オオバウマノスズクサ

生息地
キャッチフレーズ
解説
幼虫の食草に含まれる毒物質を体内に蓄積している。派手な模様は警戒色で,自分が毒だというアピール。荒地や草刈りされている田畑の畦,河川の堤防などに多く,蛹は“お菊虫”と呼ばれる。後ろ手に縛られた女性の姿に見えるという連想から,播州皿屋敷(=番町皿屋敷)の悲劇のヒロインお菊さんの名がついた。お菊さんの時代から約300年後の1795年,姫路城下に大発生したとも伝えられ,姫路市の市のチョウになっている。緩やかに飛んで花を訪れる。地理的な分化が著しく,日本産は,本土,屋久島,奄美・沖縄,宮古,八重山の5つの亜種に分けられている。科学園記録種。
鳥も食べない?毒蝶
分布 本州,四国,九州,南西諸島
年間の発生回数 多化
食草等 ウマノスズクサ・オオバウマノスズクサなどのウマノスズクサ科
成虫の出現時期 4-9月
越冬態