成虫
成虫 成虫
幼虫 幼虫
食樹:カラスザンショウ 生息地
キャッチフレーズ
日本最大のチョウ?
解説
日本で一番大きいチョウは,南西諸島にいるオオゴマダラか本州のモンキアゲハ夏型だろう。春型は他のアゲハ類よりもやや遅く,関東では5月下旬から6月上旬ごろに現れる。暗い林の中では,黄白色の紋だけが飛んでいるように見え,一瞬ドキリとさせられることもある。5月になったら低山ハイキングに出かけよう。小高い山の頂上は,モンキアゲハに限らず多くのアゲハ類の通り道になっていて,同じ場所で待っているだけで沢山の種類に出会えることもある。食草や花がないのに山頂に集まるチョウは多く,ヒル・トッピング(山頂指向性)と呼ばれるこの行動は,配偶行動の一種であると考えられる。アゲハ類には,腹端からポタポタと水を出しながら吸水する“パンピング”を行う種が多い。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
分布 本州(東北南部以南),四国,九州,南西諸島
年間の発生回数 2化
食草等 カラスザンショウなどのミカン科
成虫の発生時期 6-7月,8-9月
越冬態
モンキアゲハ
Papilio helenus Linnaeus