科学園で記録されたことがあるチョウの一覧

※ 赤色の欄は科学園では現存しないと考えられる種
※ 成虫の主な出現期は関東の平地・低山地における一般的なもの
※ ○は出現期ではあるが成虫を見ることはまれな時期
※ 「観察期待度」
     多:ほぼ毎年見られ個体数も多い
     中:ほぼ毎年見られるが個体数は多くはない
     少:見られる年と見られない年が半々程度(見られる年でも個体数は多くない)
     稀:見られない年の方が多い
     偶:一時的な飛来と考えられる記録のみ(関東地方の本土部には定着していない種)
     絶:過去の記録のみで現在では絶滅したと考えられる

成虫が良く見られる場所 成虫の主な出現期 観察   期待度
公園・市街地 田畑 草原・河原 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
ミヤマセセリ
ダイミョウセセリ
アオバセセリ
コチャバネセセリ
ホソバセセリ
ヒメキマダラセセリ
キマダラセセリ
オオチャバネセセリ
チャバネセセリ
イチモンジセセリ
ウスバシロチョウ
ジャコウアゲハ
アオスジアゲハ
ナミアゲハ(アゲハ)
キアゲハ
モンキアゲハ
クロアゲハ
オナガアゲハ
ナガサキアゲハ
カラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
ギフチョウ
キタキチョウ
ツマグロキチョウ
モンキチョウ
スジグロシロチョウ
ヤマトスジグロシロチョウ
モンシロチョウ
ツマキチョウ
ムラサキシジミ
ムラサキツバメ
ウラゴマダラシジミ 
アカシジミ
ウラナミアカシジミ
ミズイロオナガシジミ
オオミドリシジミ
コツバメ
トラフシジミ
ゴイシシジミ
ベニシジミ
ウラナミシジミ
ヤマトシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
ツバメシジミ
ウラギンシジミ
テングチョウ
アサギマダラ
オオウラギンスジヒョウモン
メスグロヒョウモン
クモガタヒョウモン
ミドリヒョウモン
ツマグロヒョウモン
イチモンジチョウ
コミスジ
ミスジチョウ
ホシミスジ
サカハチチョウ
キタテハ
ヒオドシチョウ
ルリタテハ
アカタテハ
ヒメアカタテハ
スミナガシ
ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラ大陸亜種
オオムラサキ
リュウキュウムラサキ 日本では定着していない可能性が高い
ヒメウラナミジャノメ
ナミヒカゲ(ヒカゲチョウ)
クロヒカゲ
サトキマダラヒカゲ
コジャノメ
クロコノマチョウ
チョウTop