ヒメキマダラセセリ
Ochlodes ochraceus (Bremer)
解説
丘陵地や山地に多く,標高が低い場所で見かける機会は少ない。アゲハチョウ類などでは,春に出現する成虫に比べて,夏に出現する成虫は,通常はるかに大型になる。しかし,本種やキマダラセセリでは,8月ごろに出現する2化目の成虫は,1化目に比べてかなり小さい。一般に年に2回以上発生する性質を持ったチョウでは,寒い北国や山地では発生回数が減り,暖かい地方では回数が増える。本種も暖地では初夏と晩夏の2回発生するが,寒冷地では1回だけ。幅広い環境に適応しており,灌木混じりの草原にいるかと思えば原生林にもすんでいる。だからといって都市部に現れることはない。薄ぐらい林の小径に咲く花上で,橙色の裏面が一際よく映える。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
キャッチフレーズ
夏型は小さい
 分布 本州,四国,九州
年間の発生回数 2化
食草等 チヂミザサ・アシボソなどのイネ科やカヤツリグサ科
成虫の出現時期 5-6月,8-9月
越冬態 幼虫
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
幼虫 食草:チヂミザサ
食草:メヒシバ 生息地