キマダラセセリ
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
Potanthus flavus (Murray)
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
成虫 幼虫
幼虫 食草:エノコログサ
食草:ススキ 生息地
花上の舞姫
キャッチフレーズ
解説
草原や林縁にすみ,活発に飛ぶ。オカトラノオやヒメジョオンなどの草本の花だけでなく,リョウブやノリウツギなどの木本の花もよく訪れる。裏面の黄色が白い花上でよく映える。本州には似た斑紋の種はいないので,見間違えることはない。セセリチョウには湿地や汚物に集まる性質を持った種も多いが,そのような種も含めてほとんどの種が花を好んで訪れる。胴体が太く,一見チョウらしくないスタイルで,色彩も地味なため,セセリチョウ類は蛾と間違われやすいが,太陽の光が大好きな陽気な仲間が多い。草上では,後翅を全開,前翅を半開して止まり,雄は他個体を激しく追飛する。科学園記録種。
分布 北海道,本州,四国,九州,南西諸島(トカラ列島以北)
年間の発生回数 2化
食草等 ススキ・ササ類などのイネ科
成虫の出現時期 6-7月,8-9月
越冬態 幼虫