ゴイシシジミ
Taraka hamada (H.Druce)
解説
幼虫は植物を食べずに,ササコナフキツノアブラムシなどのアブラムシを捕らえて食べる。日本産のチョウの幼虫では,唯一の純粋な肉食性(捕食性)。若齢幼虫は,アブラムシの群中に糸を吐いて作ったテント状の覆いにすむ。大きくなった幼虫もアブラムシが分泌したろう状の物質をまとい,見つけにくいが,これは幼虫が自らこすりつけるらしい。平地から亜高山帯まで分布し,風通しの悪いササやぶなどに群れていることもあるが,一般に発生地は局地的。ササ群落が部分的に枯れているような場所を見つけたら,注意して探してみよう。成虫はアブラムシの甘露や鳥のフンなどで吸汁することもあるが,花を訪れることはめったにない。通常は発生地のササやぶに固執し,そこから遠く離れるようなことはない。科学園記録種。
検索表へ
科学園チョウ一覧へ
戻る
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
幼虫
蛹殻
幼虫
食餌:
ササコナフキツノアブラムシ
生息地
キャッチフレーズ
肉食!のチョウ
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 多化
食草等 アブラムシ
成虫の出現時期 5-10月
越冬態 幼虫