ミズイロオナガシジミ
Antigius attilia (Bremer)
キャッチフレーズ
一番身近なゼフィルス
解説
日本には25種の“ゼフィルス”と呼ばれるシジミチョウがいる。ゼフィルスは,ギリシャ神話のZephyros(ゼヒュロス)という西風の女神の名からきている。このミズイロオナガシジミは一番普通で,平地にも山地にも広く分布している。一般には夕刻に活発に活動するようだが,雑木林の梢に朝陽が当たり始めたばかりの時刻に,無数の成虫が飛び交うのに出会ったことがある。北日本では場所によって,裏面の黒い帯模様が太く発達した個体が高い率で出現するが,関東地方では黒帯の幅が狭い個体が普通。成虫は樹液に来ることがあるが,花を訪れることはまずない。科学園記録種。
科学園チョウ一覧へ
検索表へ
戻る
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 夏1化
食草等 コナラ・クヌギなどのブナ科コナラ属
成虫の出現時期 6-7月
越冬態
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
幼虫 幼虫
食樹:コナラ 食樹:クヌギ
生息地 生息地