ルリシジミ
Celastrina argiolus (Linnaeus)
検索表へ
科学園チョウ一覧へ
戻る
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
成虫 交尾
羽化
蛹殻 食樹:フジ
食草:イタドリ 生息地
幅広い環境に生息
キャッチフレーズ
分布 北海道,本州,四国,九州(屋久島・種子島を含む)
年間の発生回数 多化
食草等 フジなどのマメ科のほかタデ科・ブナ科など10科以上
成虫の出現時期 3-10月
越冬態
解説
幼虫はフジ以外にも多くの草木の花や蕾を食べ,山地から平地まで広く分布している。生息環境も幅広く,原生林にも,公園の木立にも現れるつわものである。見慣れた普通種だが,表の瑠璃色と裏の白色とのコントラストが美しい。山道の水たまりで吸水している集団を見かけることもある。よく似たスギタニルリシジミよりも裏面の色が白っぽい。学名の Celastrina はギリシア語のヒイラギに由来する。この属の模式種であるルリシジミは,ヨーロッパではセイヨウヒイラギ(モチノキ科)を食樹として好むらしく,本種の英名も holly blue という。Holly は,クリスマスケーキの飾りとしておなじみの葉。ちなみに,日本で節分に鰯の頭に刺すなどして魔よけに使われるヒイラギ(柊)はモクセイ科で,葉は対生する。科学園記録種。