スギタニルリシジミ
Celastrina sugitanii (Matsumura)
キャッチフレーズ
トチノキは残った・・・・・
解説
山里では,時として直径が2mを超えるようなトチノキの大木に出会うことがある。木炭には適さないが,実を救荒食料としたり,花がミツバチの蜜源として重要だったりするために,何百年もの間,伐採を免れてきたものだ。かつては,家ごとに木を割り当てて,実を収穫する権利を定めていた集落もあるという。見る者を圧倒するその姿は,神として崇められることさえある。幼虫がトチノキの花や蕾を食べて育つスギタニルリシジミは,山里に伝えられてきた文化を語る生き証人であるかもしれない。トチノミはそのままでは,とてつもなく苦くて到底食用にはならない。灰汁抜きを繰り返し,手間暇をかけてまでそれを食べなければ生きられなかった時代,人々はこのチョウをどんな目で見ていたのだろうか。そして今,変わりゆく山里はチョウの目にどのように映っているのだろうか。神奈川県付近ではトチノキだけでなく,ミズキやフジを食樹として,最近分布を拡大しているらしい。科学園記録種。
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 春1化
食草等 トチノキ・キハダ
成虫の出現時期 4月
越冬態
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
食樹:トチノキ 食樹:トチノキ(実)

生息地