トラフシジミ
Rapala arata (Bremer)
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
食樹:リョウブ 生息地
キャッチフレーズ
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
花を食う
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 2化
食草等 マメ科・ツツジ科・リョウブ科など10科以上
成虫の出現時期 5月,7-8月
越冬態
解説
幼虫は様々な植物の花を食べる。分布も広く,特に珍しい種ではない。でも,沢山見られる場所はなかなか無く,いざ探すとなると苦労することも多い。同じ時期に同じ場所に行っても,毎年見つかるとは限らない。夏型に比べて春型の方が,縞模様のコントラストがはっきりしていて,“虎斑”らしい。翅表は一様に鈍い紫色。幼虫が花や蕾を食べる種は共食いする性質も強いので,飼育する時には注意が必要だ。春型はヒメジョオンなど,夏型はリョウブなどの花をよく訪れる。雄は枝先などで,占有行動をとる。科学園記録種。