ツバメシジミ
解説
草むらでしっぽ(尾状突起)のある小さなシジミをみたら,たぶんこのチョウ。河川の堤防,田畑の畔,公園の片隅,林の縁・・・・・。様々な草原に,春から秋まで見られる。ハギなどの低木のやぶにすむことはあるが,通常森林の内部で出会うことはない。シジミチョウの尾状突起の付け根には黒い点模様があるが,それはこの部分を頭のようにみせ,本当の頭を攻撃されるのを避けるためと考えられている。止まっている時には後翅をこすりあわせ,尾状突起を動かして注意を引きつける。しかし尾状突起を持たなくても,この「こすりあわせ」を行う種は多い。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
Everes argiades (Pallas)
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
交尾 交尾
卵殻
卵殻 食草:カラスノエンドウ

生息地
キャッチフレーズ
小さくても尻尾があります
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 多化
食草等 カラスノエンドウなどマメ科の40種以上
成虫の出現時期 4-10月
越冬態 幼虫