キタキチョウ
Eurema mandarina (de l'Orza)
成虫
成虫 成虫
成虫 交尾
幼虫 幼虫
食樹:イタチハギ
食樹:ネムノキ 生息地
キャッチフレーズ
解説
従来キチョウと呼ばれていた種には,本州から南西諸島まで分布する種と,日本では南西諸島だけに分布する種の2種が含まれていたことが最近わかった。両種は分布だけでなく,食草の好みなどの生態も異なる。季節変異が著しく,夏型では前翅表の黒い縁どりが幅広いが,晩秋に出現するものでは縁どりがなくなる。裏面の褐色の斑紋の出方も季節によって変わる。夏型の雄は,色紙を切り抜いたような鮮やかな黄色。夏型でも秋型でも,雌の方が色が薄い。湿地で吸水したり,動物の糞などから吸汁したりする性質も強い。真冬でも暖かい日には,成虫が飛ぶのを見ることがある。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
最近改名しました
分布 本州,四国,九州,南西諸島
年間の発生回数 多化
食草等 ネムノキ・ハギ類などのマメ科
成虫の出現時期 6-11月・越冬後3-4月
越冬態 成虫