ツマキチョウ
Anthocharis scolymus Butler
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
交尾
食草:オオバタネツケバナ
食草:タネツケバナ 生息地
キャッチフレーズ
解説
関東・中部地方に分布する150種余りのチョウのうち,春に1回だけ成虫が出現するのは8種ほど。ツマキチョウは,サクラの咲くころに現れて,小川の縁,田畑の周辺,住宅地の空き地などを春の陽をいっぱいに浴びてこきざみに飛ぶ。草むらに寝転んでうたたねする傍らに,ツマキチョウが飛ぶ平凡な春が,いつの時代になってもやってきて欲しいと思うのも,また平凡な望みだろう。カギ状の前翅端の形態や斑紋が特異で,日本に似た種はいない。東京都内などでは近年個体数が増加しているように思われるが,出現期が短いので見逃がしてしまわないようにご注意。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
陽だまりが良く似合う
分布 北海道,本州,四国,九州(屋久島・種子島を含む)
年間の発生回数 春1化
食草等 タネツケバナなどのアブラナ科
成虫の出現時期 4-5月
越冬態