ヤマトスジグロシロチョウ
解説
よく似たスジグロシロチョウよりも一回り小さく,より白っぽくみえる。スジグロシロチョウは草原にも森林にも広くすんでいるが,ヤマトスジグロシロチョウは森の中にはあまり入らず,開けた場所を好む。雄だけにある匂い袋(香嚢)を備えた特殊な鱗粉(発香鱗)の形が両種で異なっていて,種を同定する際のよい特徴になる。しかし,この仲間の分類は難しく,日本国内でもまだ完全な結論が出たとは言えない。関東では山地に多く平地にはまれ。モンシロチョウやスジグロシロチョウの仲間は英語で“white (butterfly)”と呼ばれる。アゲハチョウ科と同様に,シロチョウ科にも蛹で越冬する種が多い。幼虫や成虫で越冬する種もあるが,日本産では卵越冬のシロチョウは知られていない。科学園記録種。
一覧
検索表3へ
科学園チョウ一覧へ
戻る
Pieris nesis (Fruhstorfer)
成虫
成虫 成虫
成虫
食草:ヤマハタザオ 食草:ミヤマハタザオ
生息地 生息地
キャッチフレーズ
発香鱗の形が決め手
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 多化
食草等 ハタザオ属などのアブラナ科
成虫の出現時期 4-9月
越冬態
検索表2へ