メスグロヒョウモン
Damora sagana (Doubleday)
解説
チョウには雌雄で色彩が異なるものが多い。ミドリシジミ類などでは,翅表の色はかなり異なっているが,裏面の斑紋はそれほど大きく変わらない。しかし本種の場合は,裏も表もまったく異なる点で飛びぬけた雌雄異型だ。雄は普通の豹紋模様だが,雌はイチモンジチョウの仲間のような色彩斑紋を持つ。この種以外にメスアカミドリシジミなど和名に「メス」がつくチョウはいるが,「オス」がつく種は日本にはいない。産卵は樹幹上に行われることが多い。ヒョウモンチョウ類の中では,ミドリヒョウモンとともに樹林的環境を好む性質が強い。雄は秋には,林内でテリトリー(なわばり)を見張る。科学園記録種。
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ
成虫
成虫 成虫
成虫 交尾
食草:タチツボスミレ 食草:ツボスミレ

生息地
キャッチフレーズ
似てない夫婦日本一?
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 夏1化
食草等 スミレ類
成虫の出現時期 6月・越夏後の秋
越冬態 卵または幼虫