サカハチチョウ
解説
やや山地性のチョウだが,生息地では珍しい種ではない。いくつもの卵を重ねて産み,“卵柱”をつくるという変わった習性を持つ。サカハチは“逆八”の意で,翅表の斜め線に由来する。春型は赤と黒,夏型は白と黒,季節型がまるで別種のように異なった色彩をもつ。もし晩春にこのチョウを見かけたら,同じ場所に夏にもう一度出かけてみよう。きっと装いを新たにしたサカハチチョウが,出迎えてくれるに違いない。春型はミツバウツギなど,夏型はオカトラノオなど,主に白っぽい色の花を好んで訪れるが,特に夏型はヒトの汗などにやってくる性質も強い。北海道には本種とともに,近縁の別種アカマダラが分布する。科学園記録種。
検索表へ
科学園チョウ一覧へ
戻る
Araschnia burejana Bremer
キャッチフレーズ
衣替え日本一
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 2化
食草等 コアカソなどのイラクサ科
成虫の出現時期 5月,7-8月
越冬態
成虫
成虫 成虫
成虫 成虫
成虫 幼虫
食樹:コアカソ 食草:アカソ

生息地