クロヒカゲ
Lethe diana (Butler)
名義タイプ亜種成虫 御蔵島亜種成虫
名義タイプ亜種成虫 名義タイプ亜種成虫 御蔵島亜種成虫 御蔵島亜種成虫

名義タイプ亜種成虫 名義タイプ亜種卵 御蔵島亜種生息地


名義タイプ亜種卵 食草:スズタケ



食草:マダケ 名義タイプ亜種生息地

キャッチフレーズ
解説
針葉樹の植林には,通常はチョウの姿は少ない。しかし,ササを食草としている何種かのチョウでは,そのような環境でも多くの個体を見ることがある。クロヒカゲも,広葉樹林でもスギの植林でも,ササがあれば様々なタイプの森林に姿を見せる。九州などでは平地にも山地にもいるが,なぜか関東から近畿地方や四国の一部など,平地にはほとんど分布しない場所もある。広義のタテハチョウ科の仲間は前脚が退化していて,歩行には使われない。このため脚が4本(片側2本)しかないように見える。伊豆諸島の御蔵島に産するものは翅型や眼状紋(目玉模様)の形状などに特徴があり,本州~九州までのものとは別亜種とされる。眼状紋のリングが青く光り,暗い林の中で出会うこのチョウには,ちょっと妖しい美しさがある。科学園記録種。
スギ林でもすめます
分布 北海道,本州,四国,九州
年間の発生回数 多化
食草等 スズタケ・アズマネザサなどのササ類30種以上
成虫の出現時期 5-10月
越冬態 幼虫
検索表へ
戻る
科学園チョウ一覧へ